最近では、家族葬が主流となっております。かつてのように遠縁の人や直接故人とは接点のない仕事関連の人が弔問するというのが一般的でしたが、そういった習わしも少なくなってきており、また、長寿で亡くなる方が多く、友人などもご高齢で来れないということも多くなっていますので、そういった環境の中で家族葬という選択は当然の結果です。ですので、心響も家族葬が中心となっております。

ですが、家族葬ではなく、もう少し規模の大きな葬儀にされた方が良かったというケースをいくつか紹介させていただきます。葬儀の規模について、検討の際に葬儀社から提案ができればよいのですが、故人の方についてわからないことも多く、遺族の方の意見も尊重したいということもありますので、葬儀社では執り行わないとわからないというのが実情です。

ケース1:故人がかつて会社経営などをされていたケース

現役の経営者が亡くなるケースでは、社葬であったり、一般弔問客を受け付ける葬儀にされるケースが多いのですが、すでに引退されているケースでは判断がわかれます。家族葬のつもりで小規模な会場で実施したところ、故人に世話になったという方が聞きつけて弔問され、会場に入りきれない人数の方が弔問され、パニックに近い状態になったケースがあります。せっかくのお別れの場がそういった形になり、せっかく弔問していただいた方にも失礼にあたってしまい、残念なケースでした。

ケース2:地域の有力者のケース

びっくりされる方もおられると思いますが、現在の大阪などの都市でも地元のことを「村」と呼ぶような地域があります。特にかつて農村部だったところにありますが、そういった「村」の方たちにとっては、誰かが亡くなると弔問しあうというのが当然という習わしになっております。そういった「村」の方が亡くなられた場合でも、遺族の方は世代が違うので家族葬を選択されるケースがあります。葬儀の際にはわからないのですが、葬儀を終えてから、遺族の方がなぜ家族葬にしたのかと近隣の方からお叱りを受けたというケースがあります。また、地域に受け継がれている葬儀の形などがあり、故人の方がその形を希望されていたということもあります。古くからの地域に先祖代々住んでいる方は菩提寺があると思いますので、葬儀の規模・内容を決める差異菩提寺に相談される方が後々のために良いと思います。